ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

憲法9条の改正はなぜ必要なのか?

雑学コラム

憲法9条の改正は必要なのか?

今回の選挙の焦点のひとつとして『憲法9条の改正』が議論に上がっていますね。

条文 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。

日本は、憲法9条によって「国で軍隊を持たない」ことを明言しています。その内容を改正するのか、というところが今回のポイントです。

ここだけ捉えると、「日本は戦争をする気か?」という話に見えますが、どうやら違うようです。

日本には”自衛隊”という部隊を持っていますね。いわゆる軍隊にあたる機関です。ただし、自衛隊は武力を持って他国と交戦することはありません。憲法9条で禁止されていますからね。

日本は”戦争放棄”を謳っていますから、戦争はしません。それは、今後何があっても揺らぐことは許されない決定です。

しかし、この9条の内容を改正しようとする動きがあります。なぜでしょうか?

日本は自国を守る手段を持っていない

日本は、他国に侵略された時、自分たちの力で日本を守る力を持っていません。今、日本が紛争に巻き込まれていないのは、”戦争放棄”という憲法に守られているからではありません。アメリカ軍の基地が日本に駐在していること、アメリカという国が日本のバックにいることで、他国への牽制になっているのです。

もし、他国が日本に侵略してきた場合は、日米安保の規定に従い、アメリカ軍が日本を守ってくれます。なので、日本は安心して暮らせる国になっているのです。

ということは、アメリカ軍が日本においている基地をすべて取っ払い、日本から引き上げたらどうなるのか?

他国が日本に侵略してくる危険度が増します。そうなると、日本はなす術がありません。弔意となる国の言いなりになってしまうのです。結果、戦争の時代に逆戻りというわけです。

日本を守るために、自衛権を持つ必要がある

永世中立国”といえば、スイスを連想する方も多いと思います。スイスは今後もすべての国に対して中立の立場をとる、というスタンスです。戦争が起きたとしても加担しない。世界がふたつに分かれて戦争しようとも、スイスは参加しない。そういうスタンスですね。

ではなぜスイスは”永世中立国”として成り立っているのでしょうか?

それは、スイスが世界の脅威となる軍隊を持っているからです。スイス軍は他国へ攻め入ることはしません。ただ、もし自国が侵略される危険性があったら、全力で応戦するよというスタンスです。自分たちは自分たちで守る。だから、他国に干渉させないし、干渉もしないのです。

日本の、憲法改正は”自国を守るための軍隊を持つ”というスタンスなのです。

ただ、”日本という国”は永世中立国ではない

なので、”軍隊を持つ”という大義名分は理解できます。必要性も分かります。ただ日本は永世中立国ではないし、永世中立国になることもない。となると、日本の軍隊は戦争に参加する危険性があるのです。ここが問題。日本は戦争放棄を謳っていますから、戦争に参加することは許されませんし、参加しない方がいい。

争いのない世界でみんなが幸せになる方法を考える必要があるのに、人はまた過ちを犯そうとしています。だから、憲法改正への批判が強まっているのです。

憲法改正って簡単にできるの?

実は、憲法改正のためには超えなければいけない壁がいくつか存在します。

  • 両議会で2/3以上の議決が必要
  • 国民投票で過半数以上の支持が必要
  • 国民投票に関する法律を作る必要がある

両議会で2/3以上の議決が必要

まずは、両議会で2/3以上の議決が必要です。今、野党が躍起になっているのが、参議院選挙で与党に2/3以上の議席をとらせないこと。議席数が足りなければ、法案は通りません。参議院で否決された法案は、衆議院に戻って再審議を行いますが、強行で採決することは難しいでしょう。その後の国民投票を考えると。なので、与党は確実に2/3以上の議席を手にいれる必要があります。

そのための施作として、投票率のアップがあります。若者の浮遊票を書き込む算段です。18歳まで選挙権を引き下げたことで、投票への話題性を作り、なんとなく与党に投票させる算段です。(これは僕が勝手に思っているだけですが)

国民投票で過半数以上の支持

もし、国会を通ったとしても、その後の国民投票で支持が得られなければ、憲法改正は流れます。僕たち国民が決めるのです。憲法の改正をよしとしなければ、国を守る最善の方法を考え直すことになります。大切なのは、僕たちが憲法に対して正しい知識を持つこと。自分たちの国を守るのは自分たちです。そのために、今行われている政治が正解なのか、間違いなのか、考える必要があります。一時の感情やなんとなくといったふわふわした気持ちで投票はできません。まずは知識を蓄えましょう。

国民投票に関する法案を作る必要がある

今の日本には、国民投票に関してのきまりがありません。国民投票を行うにあたり、どういった形で行うのがを決めなければいけません。それが法案となり、国会に提出され、審議されます。国民投票の仕方が不適切だと判断されれば、法案は却下されます。

憲法を改正するためには大きなハードルを越える必要があるのです。これらのハードルを乗り越えて憲法が改正されたとき、それは間違いなく民意です。政治家が勝手に決めた内容ではなく、自分たちで決めたことになります。もし、あなたが”反対だ”と思っても他の人が”賛成”だと思ったら、それは採決されるのです。民主主義ですね。

もし、憲法改正に対してあなたが反対ならば、声を上げて行動する必要があります。あなたが未来の日本を決めるのです。

そう考えると、選挙の一票の重さって計り知れませんね。

まずは、政治に関して勉強する機会を持つことが重要ですね。