ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

お金に縛られない生き方がお金を生むのかもね

お金にならないことをする大切さ

「人は何のために仕事をするのか?」という問いかけに対して返ってくる言葉は、十中八九「お金を稼ぐため」ですよね。僕たちは、生活するためにそして生活をより豊かにするために仕事をしてお金を稼ぎます。その考えは正しいと思います。

ただ、もしかしたら”お金を生む”って「お金に縛られない生き方」をすることなんじゃないかって。そんなことをイケハヤさんのツイート見ながら思いました。

”お金を稼ぐためにする仕事”じゃなくて”自分にとって「やりたいこと」を利益度外視でやること”が後々お金につながるのかなって。イケハヤさんは「1〜2年後お金を稼ぎたくなったら稼ぐ」と言っていますが、その間にやること、今回でいうと、高知の8000平米にもなる広大な土地を使った”遊び”が1〜2年後のお金につながるのでしょうね。

そこに”お金を稼ぐ”という概念以上の”自分がやりたい遊び”をやるっている石があって、それが周りに認められて、結果収益につながる。

お金の循環ってそういうことなのかもしれないなって。もちろん、”遊び”といっても周りの人たちのニーズにマッチしていなければ本当にただの”遊び”で終わる可能性はあります。必要とされなければ、そこにお金を使う人なんていないからね。

ただ、イケハヤさんクラスの人になると、「イケハヤさんと遊びたい!」っていうだけでニーズになりますからね。お金は生まれるんです。芸能人と同じように。「アイドルと一緒にバスツアー」なんていうのが一番わかりやすいかな。バスツアー自体にニーズはなくてもアイドルにニーズがあるから、高いお金払っても参加する。究極の”遊び”ですよね。

まぁ、アイドルの場合は、収益につなげる”仕事”なので、採算度外視ではないですが。

お金の心配がいらなくなった人たちはどういう行動を取るんだろう?

イケハヤさんは、高知に「イケハヤランド」を作るという”壮大な遊び”に着手しました。お金の心配がいらなくなった人は、自分のやりたいことをやりたいようにやれるんです。たのしそう!

僕は、とことんロードバイクに乗って、全国を回ってみたいな。車でも全国を回りたいし、やりたいことはたくさん。で、その土地にまつわることをメディアに乗せて発信したい。お金を稼ごうっていう気持ちはなくなるのかな?

「足ることを知る」ではないですが、「自分にとっての幸せってなんだろう?」ということを追求する人は増えるんじゃないかな?

まぁ、でもやりたいことがあるから「お金を稼ぐ」っていうのもいいんじゃないかな。ベーシックインカムは生活する上での必要最低限のお金として考えて、自分のやりたいことをやるためのお金は「稼ぐ」。それが一番健全かな?

まぁ、難しことは自転車漕ぎながら考えますか!