ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

夏までに恋人が欲しい人へ 3つの行動が幸せを運んでくれるかもよ

雑談

はぁ…恋人ほしい…

夏が近づいてきましたね。夏といえば、海に花火にお祭りに…。恋人たちのテンションもぐっとあがる季節です。

「今年の夏はどこに行こうか?」なんてヒルクライムのように夏の計画を立てているカップルを見かけると、

「いいな〜」とか「恋したいな〜」

なんて思う人もいるんじゃないでしょうか。幸せそうですよね。うらやましいですよね。

でも、まだ間に合います!恋人がほしい人は、今から行動して、夏までに素敵な恋人を探しちゃいましょうよ!

まずは『理想のカップル像』を思い浮かべよう

自分にとっての『理想のカップル像』とは。これがないと、あたりかまわず恋人探しをしてもうまくいきませんよね。恋人と幸せな時間を過ごしたいなら、ここは重要です。

「相手にも同じ、もしくは近い感性を持っていてもらいたい」

「自分にない感性や考え方を持っていてくれる方が楽しく過ごせる」

「目があうたびに微笑んでくれる人がいい」

「どんなささいなことでも、どんなくだらない話でも、一緒に笑いあえるふたりでいたい」

なんでもいいです。自分の理想はなんなのか。さぁ、メモに書き出してみましょう。

理想がわかったら、次は実際に行動ですね

夏までに恋人を作るわけですから、行動しなきゃ間に合いません。待ってるだけの明日にアディオス。

「でも、行動って言っても、どうやって?」

って感じですよね。うんうん。わかります。なので、今回は、『最速で恋人を作る』ための方法を紹介します。

最速で恋人を作る!ハッピーな夏にするための3つの行動

紹介してもらう

「友達に紹介してもらうなんて、とっくにやってるよ」

「紹介してっていっても、なかなか紹介できる人いないって言われるよ」

「結局、合コンかよ」

なんて思ったそこのあなた!そう、そこのあなたです。

違います。友達に紹介してもらうなんていうのは、もう古い。というか、友達の紹介でうまくいくケースは低い。低いんです。

それよりも、可能性の高い紹介。それは、『学校の先生・大学の教授』に紹介してもらう方法です。

学校の先生とか、大学の教授って、生徒との交流が広いので結構紹介してくれるんですよ。お願いすると。

特に大学の教授は狙い目。過去のゼミの学生と連絡を取り合っている教授は多いので、「誰かいない?」なんて聞くと、結構探してくれます。大学を卒業すると、ほとんどの人が「出会いがなくなった」なんて言っているご時世ですから。出会いを探しているんですよ、卒業生も。

なので、教授にお願いしてみましょう!

婚活サイトを利用する

夏までは、スピード勝負です。1ヶ月勝負で出会いから交際に発展させるなら、断然ペアーズがお勧め。マッチングから直接会うまでのスピード感が他とは断然違う。

ゼクシィ縁結びは、結構慎重な人が多いですね。マッチング後もメッセージでじっくり相手を見極めてから会う傾向があります。その分、会うことができれば結婚までの道は早そうですが。

その点、ペアーズは、メッセージでじっくりというよりは、まずは会ってみる。「会ってみなきゃその人のことはわからないでしょ?」っていうスタンスですね。このスピード感、素晴らしい。仕事でもスピード感もって、バリバリ動ける人たちなんだろうなぁ。仕事の話はいいか。

「婚活サイトって…出会い系でしょ?」と思っている人は、ちょっと古いかな。SNSとほとんどかわらないですよ。SNSで知らない人とつながって、実際に会ってみる。オフ会みたいなものですね。

Facebookで恋活・婚活【pairs】

noteで自分を売り込む

noteというサービスを使って自分を売り込む方法です。

note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。

ここで、恋人を募集するという方法です。

これは、実際にやっている人の例を挙げてみるのがいいかな。ニュース記事にもなっているので、その内容をリンクしますね。

noteで彼氏を募集する女性現る! ただし未経験不可でWワーク(浮気)厳禁

恋愛も仕事も同じようなものだ。ということは恋人探しは、就職活動と同じだ。というところに目をつけ、採用活動の求人広告のように、恋人を募集する手法ですね。こちらの内容で、応募総数もどうやら『とっもだち◯◯人でっきるかな♪』まで達したということで、かなり効果あるんじゃないかなと思います。

夏まではそんなに期間も長くないので、一次締め切りは早めに設定して、2次選考からじっくりと見極めたいですね。

ここで、自分の『理想のカップル像』が役に立つわけです。先にそれを応募条件として乗せることができますからね。その理想=理念に共感してくれた人が応募してくるわけです。

さらに、noteで有料コンテンツとして販売すれば、生半可な気持ちで応募する人はいなくなります。わざわざお金かけてコンテンツをみるわけですから。本気の人が集まります。

以上、夏までに恋人が欲しい人が起こす3つ行動でした。

まだまだ、間に合う!頑張りましょう!