ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

電話は、名前を言って、相手を確かめよう

名前を名乗ることの危険性

家に子供しかいない時に、子供が電話を取りました。

「もしもし、◯◯です。どちらさまですか?」

普通の日常です。昔から行われているやりとり。

でもこれって、ちょっと危険だなって僕は思ってます。昔は、現代と違って情報を得るのが難しかった。ネットもなかったし、タウンページとか見ないと、その番号の家が誰かわからなかった。なので、電話をかけてくる相手は基本知っている人が多かった。

でも、今は違います。情報は簡単に得られるし、発信できる。

「もしもし、◯◯です」という一言で、その家の家族構成をまとめて、世の中に発信することもできます。このようにブログでも、ツイッターでも、なんでも。

これって危険じゃないですか?子供の犯罪にもつながりかねない。

簡単に名前を名乗っちゃいけないと思うんです。

下手に名乗って、「◯◯?お父さんだけどさ…」みたいに詐欺にあうかもしれません。それくらい、今の世の中は危険なんです。

昔よりも強く 「どちらさまですか?」を徹底しなければいけない

相手を確かめる。これは、昔よりも大事です。

「どちらさまですか?」

自分の名前を名乗る前に確認すること。

間違っても、

「お父さん?」とか「お母さん?」なんて自分から言ってはいけません。

「そうだよ」と言われたら、子供は信じてしまいます。かの「赤ずきんちゃん」だって、狼の声を一瞬でもおばあちゃんだと信じようとしたのですから。

子供に、そんな判別はできません。

「だれ?」というのは徹底するべきです。そして、何か連絡があった時は、

「確認します」

これを返さなきゃいけません。本当に危ない。

どうしたら、回避できる?

日々の注意が必要ですね。家の電話には、かかってくる可能性のある電話番号をすべて登録しておく。電話に名前が表示されない場合は、絶対にでない。すべて留守番電話につながるようにする。子供しかいない時は電話にでてはいけないというルールにする。などです。

それでもなかなか難しいですよね…。

都会で生活していると、処理しきれないほどのことが起きますから。

そういう意味では、『地方での子育て環境』というのはいいですね。近所の人もほとんどが知り合いなので、心配がいらない。電話もほとんどかかってこない。用があれば、直接話しにきますからね。安全です。

「子供が心配」という方は、地方移住も視野に入れてみるといいかもしれませんね。

話が逸れてしまいました。

子供に徹底すべきは、

「だれからの電話?」ということ。ここを必ず確認しましょう。

地方移住をちょっと考えたあなた。こちらも参考になりますよ。