ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

『生まれ変わるなら、また私でいい』ルミネのキャッチコピー 第2弾!

ルミネ続編!第二弾です!

第一弾をUPして早1日。すぐに続編をやりたがるのが僕の悪いクセですね。せっかくの秀逸なキャッチコピー。このまま眠らせておくのはもったいない!

で、昨日の記事を書いていて、思ったのですが、やっぱり恋している女の子は可愛いですね。輝いてる。キラキラ。恋している女の子に惹かれます。

では、そろそろいきましょう。第二弾。

女心って難しすぎでしょ!ルミネのキャッチコピー厳選10作品 〜第二弾〜

『生まれ変わるなら またわたしでいい』

ルミネ11

これ、彼女に言われたらと思うと…。一撃必殺ですね。要するに、「あなたとずっといたい。今もこれからも、生まれ変わっても」ってことですよね?「あなたが一番大切」ってことですよね?そんなこと言われたら、嬉しすぎですよ。このあと「だから〜が欲しいの!」なんておねだりされたら、買っちゃいますよ僕。

『風はすべて追い風 わたしがどこを向くかだ』

ルミネ12

そうです。「風はいつしか追い風」です。どこへいっても何をしても、あなたの味方です。あとは一歩踏み出すだけです。僕の運命はあなたの手のひらです。あとはあなた次第。

『わたしを含め すべての人に 幸せを』

ルミネ13

そうです。「世界中の人が幸せ二なりますように」という願いの中にはもちろん自分も含まれています。世界中が幸せになっても自分が犠牲になっちゃうのはね。自分も周りも、全員が幸せになりますように。

『自分を好きな自分が嫌い 自分を嫌うのはもっと嫌い』

ルミネ14

現状に満足することなく、もっと可愛くなる。もっと素敵になる。ということですよね?今の自分でいいやと思うことなく、常に向上心。でも、今100%の自分でいるのに、それを嫌うことはできない。女心は複雑のようで、実は一本筋が通っていてそれに対して信念持って行動しているだけなのです。

『一日たりとも自分に飽きないで生きたい』

ルミネ15

「現状では満足しないぞ」という意思表示ですね。ずっと同じなんて飽きちゃいますからね。服装を新しく彩って、常にフレッシュな自分でいたいと思うのは女の子特有なのかもしれません。ドキドキさせてくれない男なんて、つまらないから捨てられちゃうぞ!

『ひとりでいても 思ったほどは 強くなれない   ふたりでいても 思うように 優しくなれない』

ルミネ16

深い、深すぎる。「ひとりで大丈夫」って強がっていたって、本当はさみしいんだよ。ふたりでいるときは、なんか強がっちゃって優しくできない。そんな女の子の心の葛藤、男の人は理解できていますか?これ、理解できないと大変なことに…。そんな女心を受け入れられる男になりたい。

『縛られたくなくて 離されたくなくて』

ルミネ17

女の子は難しい。「束縛は息苦しい。自由がなくなるから。でもね、ほったらかしも嫌なんだよ?しつこいくらいに連絡がくるのは煩わしいんだけど、でもね、連絡がこないのは嫌なんだよ?」昔の彼女に言われました。こういうことだったんですね。この微妙なライン、そして、そのときの気分を察知できる男の人がきっとモテるんでしょうね。

『寝不足より 悪口より 退屈がわたしをブスにする』

ルミネ18

世の男性諸君、これです。これですよ。退屈させていませんか?女の子はいつだってドキドキしてたいんですよ。ドキドキが女の子を可愛くするんですよ。いつも同じところに出かけていませんか?それじゃ、女の子は飽きてしまいます。かわいい格好して、知らない街に出かけたいんですよ、あなたと。その女心を知りましょう。

『モテる人間ってうらやましい 愛される人間って尊敬する』

ルミネ19

「自分もそうありたい」っていう願望ですよね?誰彼構わずモテたいわけでなはなくて、大好きな彼氏からモテたいわけで。大好きな彼氏から愛され続けたいわけで。ということですよね?えっ、違う?女心は難しい…。

『自分を根っこから否定しない 自分をまるごと肯定しない』

ルミネ20

これまた深いなぁ。自分の根っこを否定してしまうと、存在理由がわからなくなってしまいますからね。でも、全てを肯定するのも違う。まだまだ自分は変われる。もっともっと素敵になれるはず。って思うことがずと可愛くいる秘訣なのかもしれません。

 

以上、10作品でした。今回のMVP(Pはポスター)は、『寝不足より 悪口より 退屈がわたしをブスにする』です。退屈=代わり映えしない日常が女の子のキレイになる瞬間を奪っているんですね。反省しました。僕も頑張ります。

まだまだ、ありますキャッチコピー。この調子で、紹介できるだけ紹介します。次回作をお楽しみに!