ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

いっしょに行動しよう

よのなかのルール

集団行動をすることの大事さ

学校や会社に入ると、いろいろな人と行動を共にする必要があります。そんな時、自分勝手に行動すると周りに迷惑がかかりますよね。なので、子供の頃から大人に言われ続けます。「団体行動を乱さないように」と。

これは、社会という集団の中で生きていく上で大事なマナーになります。このマナーを守れない人は、他の人に迷惑をかけてしまいます。

思い出してください。小学校・中学校の修学旅行。勝手な行動をして、何人かがどこかに行ってしまった。集合時間になったのに、バスに現れない。先生たちが必死になって生徒を探す。みんなの予定がここで狂ってしまいます。次の行き先では、すでに誰かが準備をしています。それは、昼食をとるレストランかもしれませんし、歴史的なものを案内してくれるガイドさんかもしれません。

他の人にも迷惑がかかってしまうんです。だから、集団行動は乱さない。当たり前ですよね。それを守れない人は、『何事にもとらわれない人』ではなく、ただの迷惑人です。

社会に出ても、そう。組織で大きなプロジェクトを行うって時に自分勝手に意見したりすることは違う。「俺は反対だ」とか「俺はもっと違うことをやりたい」とかそれは、その場を乱しているだけ。集団で行動するのだから、ちゃんと周りと行動する。協調性を持って。

勘違いしないで 集団行動をとることが大事なわけではない

でも、思うんですよ。なんでも集団で行動すればいいってわけではないって。もちろん、学校とか会社っていう組織に属していたら、自分の自由な行動が許されるわけではない。これは、会社という組織に属していなくても、フリーランスで仕事していても、起業していても同じです。誰か相手が関わっている以上、集団で行動する必要は出てきます。これはしょうがない。

でもね、その『集団行動』が本当に自分のやりたいことと関係しているのか?ということは考えてもいいんじゃないかなって。それに、無理に集団で行動し続ける必要はないわけですよ。

学校はしょうがない。小学生・中学生はしょうがない。義務教育ですから。でもね、思うんです。高校生以上は、自分の望んだ集団での集団行動ができるんじゃないかって。別に、自分の将来の選択肢に『良い高校入って大学進学する』とかのビジョンがなければ、そんな高校に行く必要ないと思うんです。通信制の高校でも良いと思います。例えば、「芸能界に入って活躍したい、この業界に骨をうずめるつもりで行く」というなら学歴が必要ない場合もありますよね。(高学歴タレント目指すなら、良い高校入ってください。それが近道です。)

要は、集団行動する組織は自分で決めろ ということです

会社もそう。自分で決めて入れば良い。でも、入ってから「違った」ということもあるかもしれません。それなら会社を辞めてしまえばいい。『3年我慢して独立』とか『3年我慢して転職』とかもったいない。自分のビジョンがあるなら、飛び込めば良い。そして、同じ志を持つ人たちと集団行動したほうがいい。そっちのほうが、よっぽど成長できますよ。

よく「仕事なんて、最終的にはどれも同じ。ここで出来ないことは、たとえ自分のやりたいことをやっても成功しないよ」という人がいますが、それ本当ですか?嫌なこととやりたいこと。同じ苦労があるなら、絶対やりたいことやったほうが成功すると思いますよ。だって、嫌なことに人間全力出せないですから。出せるっていうなら、それやりたいことですよ。

それに、「成功しない」って言ってる人は、結局自分のやりたいことをやらずに我慢して仕事している人です。だから、「そんなの成功しない」っていうんですよね。やりたいことやっててうまくいってる人は、「俺もうまくいかない時もあるけど、やりたいことやってるからなんとか続けられてるんだよね。やりたいことやったほうが絶対にいい」って言ってくれますから。間違いなく。

自分にあった集団を選べばいい

もし周りから「それは逃げだ」って言われても気にしないようにしましょう。逃げではないです。もし、逃げだとしても、それは『戦略的撤退』です。もう一度自分を立て直すための撤退です。何がいけないのかわかりません。

やりたいことやって成功する。確かに転職が多い人は、人事の方に「この人採用してもすぐにやめちゃうんじゃないか」って思われるかもしれませんが、だったら先に言ってやりましょうよ!「もしかして、自分にあってなかったら辞めるかもしれません。でも、自分にあってると思ったら、他の人よりも数倍働きますよ!」と。それでダメなら、もともとそこの組織はあいません。

というか、もう自分で最強の集団を作っちゃったらいいんじゃないですか?なんて思ったりもして。

少なくとも、僕は僕のやりたいことを貫いていきますよ。そのためには、必要な人とつながって集団でいきていきます。だって、やりたいことやってると、本当に楽しいんだもん!!