ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

MacBookAirってすごく使いやすいよ! レッツノートと比較してみた  

春ですね。出会いと別れの季節ですね。いろいろと。

まぁ、出会いと別れっていっても、人と人との話だけじゃないと思うんですよ。

例えば、就職して今まで暮らしてきた地元に別れを告げて新天地に向かう人もいるでしょう。地方から大学に進学するために家をでて上京する人もいるでしょう。上京物語。そして、大学卒業を機に、地元へ帰る人もいるでしょう。暮らしてきた街との別れ、そしてまだ見たことない世界との出会い。

例えば、就職を機に今まで使っていた単車とお別れする人もいるでしょう。そして、車を買う。今まで使っていた自転車との別れ、そして電動機付き自転車を買う。他にも、今までのPCとお別れして、新しいPCに買い換える人もいるでしょう。

新しいPC…。なんと!!  新しいPCを買うんですね!?

デスクトップですか?ノートですか?

ノートだったら、持ち運びも便利で、サクサク使いやすいものがいいですよね!うんうん。

えっ!?でも何にしていいかわからない!?悩んでいる!?

なるほど。

そうですねー、僕もそんなに詳しくないんですが…。わかりました。知っている知識と経験を書きましょう。

ということで、前置きが長くなりましたね(笑)

僕は、MacBookAirをメインマシンで使っているのですが、『なぜMacBookAirにたどり着いたのか』を、レッツノートとの比較でお伝えします。

MacBookAirとは?

Mac

MacBook Air(マックブック エアー[1])は、アップルが開発・販売するエントリーモデルのノートパソコンである。MBAと略記されることもある[2][3]2008年1月15日サンフランシスコで開催されたMacworld Conference & Expo 2008(以下、Macworld 2008)で発表された。 2016年現在、アップルのパソコンで最も人気のあるモデルである[4]

言わずと知れた、Appleの人気ノートPCですね。

レッツノートとは?

レッツノート

Let'snoteレッツノート)とは、パナソニックが発売するノートパソコンのシリーズ名である。なお本体やカタログに表記されるロゴは"Let's note"のようにLet'sとnoteの間にスペースが含まれているが、正式名称はスペースを含まない"Let'snote"である。

では比較を始めたいと思います。(ちなみに、僕はレッツノートも一応サブマシンとして持っています。が、ほとんど使っていませんが…)

外見

外見はとても大事ですよね。モバイルPCは外で使うことが多いので、よりスタイリッシュさを求めたいところです。

MacBookAirは、なによりも薄い。見た目スマートでおしゃれ感が半端ない。もう、綺麗すぎて綺麗すぎて。カフェとかで広げてみたらわかります。このおしゃれ感。そして、なによりも意識高い系になれます。これ本当に。

レッツノートは、ごつごつしてる。おしゃれ感はあまり感じられない。まぁ、スタイリッシュさをレッツノートに求める必要はないのかもしれませんが…。とにかくごつごつしているモデルが多い。(ごつごつしていないモデルもありますが)

持ち運びやすさ

MacBookAirは、軽い。軽すぎて、バックの中に入っているのを忘れてしまいそう。さすがスタイリッシュなやつだ。大事なデータもどこかに軽く飛んで行ってしまいそうだぜ!もうね、この軽さは芸術だよ本当に。

レッツノートは、ズシンとくる。バックから重みがひしひしと伝わってくる。やはりビジネスシーンでの用途が多いからなのか。ビジネスマンにとって、PCに入っているデータは命よりも重い。それを如実に物語っているのか…。

強度

MacBookAirは、落としたら一瞬で終了かな。画面も簡単に割れそう。日常でPCを落とすというところまではフォローしていない感じ。うん、強度はちょっと難ありかな。

レッツノートは、さすがです。ごつごつしているのはこのためか!落としてもちょっとやそっとじゃ問題ないぜ!そんなに俺は弱くないぜ!そこいらの軟弱PCと一緒にするな!という声が聞こえてきそうです。

PC起動

MacBookAirは、はやいはやい!電源入れたら、すぐに使える!この起動のはやさ、ストレスフリーだわー。電源つけてすぐに作業に入れるってかなり魅力的。

レッツノートは、さすが安定のWindows。起動に時間がかかる。これ、ちょっとなぁ。Mac知っちゃうとさらに遅く感じる。

操作感

MacBookAirは、キーボードが打ちやすい。誤タイピングが少ない。キーボードの文字間隔が広いからかな。モバイルにしては。それに、マウスがなくても十分戦える。

レッツノートは、キーボードの文字間隔が狭いので、他の文字をタイピングしてしまう。そして、なんか打ちにくくなった。これもMacに慣れてしまったからなのか。マウスがないと操作しずらいな。

価格

MacBookAirは、だいたい11万〜13万くらいですかね。僕は10万円台で買いました。

レッツノートは、積み込むものにもよりますが、9万〜20万くらいですね。いいの使おうと思ったら、20万近くはいっちゃいますね。

ちなみに、通販で買うと(電気屋もかな?)、レッツノートは無機質な段ボールに入って送られてきますが、Macはちょっとおしゃれな箱に入ってきますよ。

その他

MacBookAirは、Appleの製品なので、iPhoneとの同期もできるので、iPhoneユーザーはレッツノートよりこっちのが絶対にいいと思う。Appleのアプリが使えるしね。僕は、アンドロイドユーザーなので、あまり関係ないですが。

レッツノートはそういうのあまりないからなぁ。

総評

PCの機能としては、MacBookAirにもOfficeのワードとか積み込めるし、GoogleChrome使えるし、それでいてWindowsでできないようなこともできるし。MacBookAirかなり優秀なんじゃないかって思うんですよね。

CPUもCOREi5くらいのスペックあるし。

MacBookAirがぶっちぎりですよ。両方使っている僕が言ってます。経験者は語る です。

Appleの製品は嫌だ!」っていうわけではなかったら、試してみるのもいいんじゃないかなって思いますよ!

僕はもうMacBookAirから離れられません。