ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

MIX あだち充が描く26年後の明星学園

舞台は26年後の明青学園。主人公の立花投馬は本当は実力があるものの、監督には意図的に試合に出してもらえない、という中学2年生の時代から物語は始まる。中学2年生の夏に、特殊事情があったことを知り和解。中学3年の時は、関東大会まで進出した後、高校編が始まる。

前にも話したことがあるかもしれませんが、僕あだち充が大好きなんです。あだち充のマンガは基本家に全部あります。ほかのマンガに関しては、また違う記事で紹介しますね。

今回は、ゲッサンで好評連載中の『MIX』です。あの上杉達也が甲子園に出場した『タッチ』から26年後の明星学園を舞台としたマンガです。

今回も、主人公は『兄弟』。兄:立花投馬と弟:立花走一郎のバッテリーが甲子園を目指す内容です。この二人、同じ学年ですが、実は血のつながりはありません。投馬の父親と走一郎・音美の母親が再婚し、兄弟になったという設定です。音美は1つ下のヒロイン。

投馬の父親は、明星学園野球部出身のピッチャー。最後の大会前にエースナンバーを手にするはずが(元々、実力はそんなにない)、その年に入学してきた1年生にエースの座を奪われる(といっても、実力がそもそも違っただけ)。その1年生エースが走一郎の実の父親。という設定。でも走一郎はキャッチャー。

この2人、そもそもどうやってピッチャーとキャッチャーを決めたのか。という内容も作中に出てきますので、ぜひチェックしてほしいですね。

あと、もう一人。忘れてはいけないヒロインが。大山春香は監督の娘。野球に関する知識と見る目は抜群。ただ、野球のことになると見境がつかなくなるので、マネージャーは禁止に。で、新体操部に入ってますが、これまたエース級の活躍。朝倉南かっ!!

明星学園以外にも勢南高校(あの西村が監督。西村の息子は勢南のエースに)や須見工(作中では校名が代わり健丈高校)がでてきます。

タッチの世界を感じた世代にとってはワクワクが止まらない内容となっています。

あだち充の描くマンガはなんといっても主人公の頼りなさと、いざという時のかっこよさ。立花投馬も普段は頼りないんですが、いざっていうときのかっこよさは抜群です。

MIXの立花投馬・H2の国見比呂・クロスゲームの北村光はあだち充作品のなかでもピカイチのピッチャーですね。上杉達也よりも魅力がある。

やっぱりあだち充は野球を書かせると誰にも負けないな。

野球以外にも、良いマンガたくさんありますので、それも後日。ラフとかKATSUとかも面白いなぁ。

あだち充を読んだことないって方はMIXからあだち充ワールドに浸かってみませんか?あの『つんく』さんも大好きな漫画家あだち充をぜひ!!