ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

フリーザの戦闘力53万には深い意味があった

書評(マンガ)

noteをみていたら、実に面白い記事がありました。実に面白い。古いですかね…。

「私の戦闘力は53万です」。53万という数字を選んだ理由について考えてみた。

この記事を書いている 京都のマンドリル さんですが、僕は天才なんじゃないかって思ってます。

目の付け所が半端ないのと、その推敲が的確かつわかりやすい。

今回のフリーザに関しても、納得 の一言です。

ぜひ、noteに登録して読んでもらいたい。ちなみに、こんなに質の高い記事が無料で読めるのは本当にありがたいです。

一部、抜粋すると、

あなたはこのセリフを知っているだろうか? わたしの戦闘力は53万です。 ですがもちろんフルパワーであなたと闘う気はありませんからご心配なく・・・」 これはドラゴンボールに登場する、かの有名な悪役「フリーザ」が発したセリフだ。 当時、リアルタイムに少年ジャンプでドラゴンボールを読んでいた小学生の僕は、この「53万」という数字に、これまで生きてきた中で感じたことのないような絶望と高揚感を感じたものだった。 53万・・・。 53万・・・。 この53万とは、あの「クンッ!(中指と人差し指を上にクイッとする技)」で東の都をあっという間に壊滅させたナッパの約132倍に匹敵する戦闘力なのだ!(ナッパの戦闘力は4,000) ナッパ、132人分・・・! 53万とはなんと絶望的な強さなんだ・・・!! 当時の僕はどこか興奮しながら、この数字をひたすら反芻していた。 さて、驚くべきことは、ここからだ。 この53万という数字、実は今でも多くのドラゴンボールファンの記憶に残っている。 「フリーザの戦闘力は?」と質問すると、おそらく100%に近い人がこの数字を正確に答えるのではなかろうか。 しかし、なぜ、今も多くの人の記憶に、この53万という数字は残っているのか? ちょっと考えてみた。 すると、いろいろなことが分かってきたのだ! 私なりの答えを言おう。

続きはnoteで読んでほしいです。

で、僕が確かに と思ったのは、

フリーザの戦闘力を聞かれたら、誰でも答えられる

という点です。確かに53万って記憶に残る。

なんでだろう?それがこの記事の中で紹介されています。

確かに、 5 と 3 という数字が持つ力って巨大です。

5で言えば、ゴレンジャーもそうですし、人気グループも5人組が多い気がする。SMAPとか嵐とかTOKIOとか。それに、ゲームの名作もやはり5作目は強い。ドラクエ5とかFF5とか名作ですよね。

3で言えば、こちらも人気のグループ。男2女1の比率で展開しているグループは売れていますよね。うーん、3だわ。ゲームもドラクエ3は爆発的ヒットだし、FF3もジョブシステムができた名作だし。

なるほど。記憶に残りやすいんですね。

この数字をうまく使えば、ビジネスにも活かせるんじゃないかな。

例えば、目標の数字を5と3で組み合わせて作れば、社員の意識にも残りやすいし、達成しやすいかも。

「今日の売り上げ目標は53万です」

フリーザかよっ!」

みたいに(笑)

それで、時間進捗も、

「まだギニュー隊長です!」

界王拳使った悟空まで行きました」

みたいに単しくなりそうだね。

 

てか、この記事書いている 京都のマンドリル さん。やっぱり天才だわ。

僕もこういう記事が書けるように精進します。

せっかくなので、ドラゴンボール読み返してみようかな。