ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

”未来”へ行こう 僕たちはもっとも自由な世代のはずだ

雑談

自分の可能性をしぼめてない?

「将来は、〜の仕事をします」っていう話。高校生くらいの若者が言ってたりするんだけど、なんかそれで可能性をしぼめてたらもったいないなって思って。やりたいことがあるっていうのは素晴らしいことだと思うし、やりたいことを持っているkとは大切です。

でも、それに固執してしまうのはどうかなって。「将来は、テレビ局で働くんだ!他のことは考えない!」って。テレビ局で働くっていう気持ちを持っていることは大事だよ。もちろん。でもね、後でも話しますがそれで「”テレビ制作系の専門学校”に入学する以外のことは考えない!」っていうのは本当にもったいない。他にもいろんな可能性があるのに。違う世界を覗いてみたら、もっと違うことができるのに。

メディアコンテンツ系の道だってありだと思うんだ。そこでメディアとかテクノロジーとか学んでさ、テレビではできないコンテンツを世の中に送り出せる人になれるかもしれないしさ。

YouTuberの人もテレビのディレクターのようなものだよね?そしてタレント。全部自分で作ってる。テレビにはない面白さがあるよね。そういう道もある。

一つのことに固執するのは今の時代本当にもったいないことです。

いろいろな可能性を複合することがこれからの時代をいきる秘訣

大人が決めたレールの上を走るんじゃなくてさ、もっといろんなことしたいっていう願望に身を委ねていいと思うんだよ。若者はさ。キャンピングカーで日本を回りながらブログで稼いでるやぎぺーさん(八木仁平さん)tかもいるわけだし。新卒でフリーランスだよ?そんな時代だよ?

もっと、興味に対して全力で生きよう

そうそう。10年後にどんな仕事が生きてるのかなんて誰もわからない。今、社会の最前線を走っている仕事だって10年後はないかもしれない。

だから、既存の考えに囚われちゃいけない。僕たちはもっともっと自由でいいはずだ!

間違ったっていい。僕たちはもっと自分に正直に生きるべきだ!