ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

”好きなこと”って難しく考える必要ないよ

雑談

”好きなこと”を仕事にするということ

「好きなことを仕事にしたいけど、何をやっていいのかわからない」という話はよく聞きます。そうですよね。実際、自分の好きなことってなんだろうって思う時ってあります。

八木さんも、そのことに関して言及しています。

得意なことをやっていくことで、周りに評価されて、それが好きなことに変わっていく。そんな側面もあります。

「好きなことっでなんだろう?」って探し始めて、見つからないなら、得意なことにたいして取り組むことから始めるのも大事。八木さんの言っていることを否定するつもりはありません。

でもね、好きなことってもっと単純だと思うんです。難しく考えなくていいと思う。

例えば、「コーヒーを飲むのが好き」だったら、「もっと美味しいコーヒーはないかなぁ」「もっと美味しくコーヒーを飲む方法はないかなぁ」って考えますよね。それを仕事にすればいいんじゃないかな。

「美味しいコーヒー豆を探してネットで販売する」とか「美味しいコーヒーの淹れ方を研究して、カフェを開く」とか「美味しいコーヒーの淹れ方のサイトを立ち上げる」とか。趣味の延長戦でいいと思うんですよ。

ロードバイクが大好きな人は、ツーリングコースを徹底的に調べて、「ロードバイクでオススメのツーリングコースサイト」を立ち上げて、そこで必要な装備とか紹介して販売する、とか。

自分の趣味を仕事に広げていければいいんじゃないかな。難しく考えるから仕事にできないだけ。

利益とか度外視して、まずはやりたいように趣味を広げていけばいいんじゃない?

で、ちょっとずつマネタイズしていけばいい。そっちの方が仕事にしやすい。得意なことが好きなこととは限らないからね。趣味に対して得意なことを活かしていけばいいだけ。それだけ。

っていうのが僕の考え方です。

だから、まずは趣味を広げてみよう

なので、趣味を広げることに力を注ぐのがいいんじゃないかな。もしかしたら、今までやったことのないことがすごく好きなことになるかもしれないし。得意なことって、どうしても今まで生きてきた人生の経験から導き出されるので、今やってる職種に似てきちゃう。そうなると、「得意だけどやりたくないこと」になっちゃうと思うんです。

もっと、自分を広げてみる。マンガをかたっぱしから読んでみるとか。案外ヒットするかもしれない。で、マンガ好きになっちゃって、いつしかマンガ喫茶ひらいちゃうとかね。ありえる。そんな流れも。

ただ、自分の好きなことと世の中のニーズが合致しないと、収益にはつながらない

自分の好きなことを好きなようにやっていても、ニーズと合わなければ収益にはつながらないので、そこは注意ね。

まずは、自分の趣味を広げて、そこから収益につなげる方法を考えていけばいいんじゃない?

世の中の動向を見ながら、ね。

趣味を増やすなら、僕はロードバイクがおすすめです。まだ、手元にバイクは届いてないけど。あぁ、楽しみ!