ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

周りに流されないチカラ 〜自分にとって必要な人は自分で見極めろ!〜

自分に必要な人は、自分で見極めろ!

人間なんて生き物は、その時々によって考え方も変わります。今必要のない人でも、3年後は必要かもしれませんよね。それに、今必要な人でも5年後は必要ないかもしれない。

もし、周りの人の中に

「あいつと関わっていてもいいことないから縁を切れ!」

と言ってくる人(ここではAさんとしましょう)がいるとします。

その人にとって、必要のない人かもしれません。ただ単にウマが合わないだけかもしれません。

でも、あなたにとってその”あいつ”という存在は本当に必要のない人ですか?

Aさんにとって必要のない人が、あなたにとって必要のない人となる定義はどこにもありません。

それなのに、Aさんの言葉を鵜呑みにして、「関わるのをやめよう」っていうのはもったいないことですよね。

自分にとって必要な人は自分で見極めてください。

自分に都合の悪い人は、徹底排除しようとするのが人間

Aさんにとって”あいつ”という存在は、「自分の思い通りに動かない人」なのでしょう。そしてあなたはAさんにとって都合の良い人。Aさんにとって都合の良いあなたが”あいつ”と一緒に行動することは、Aさんにとってとても都合の悪いことなんです。

なので、あなたから”あいつ”を排除しようとしています。

あなたがAさんに100%の信頼を持っていたとして、それで「わかりました!」ってなるのはおかしな話です。

その時点で、あなたの周りには、『あなたに必要な人』ではなく『Aさんにとって必要な人』しかいません。

Aさんのための人生をあなたは歩き始めるのです。それでいいの?

たぶん、あなたが『自分のやりたいこと』をやろうとしたら、Aさんは応援するどころか、「絶対に無理」「成功するはずない」って言いますよ。

これは、あなたのことを思って言っているのではありません。Aさんの人生を守るための言葉です。

そして、あなたは、行動できなくなる。

自分にとって必要な人は、自分で見極めるようにしましょう。もしかしたら、応援してくれるのは”あいつ”という存在かもしれませんよ。

Aさんって、たぶんこんな人だと思う

これは、僕の偏見かもしれませんが。

結局は、『自分を守りたい』人なんですよね。むしろ僕はこういう人との関係を断ち切った方がいいんじゃないかなって思いますが。

でも、人それぞれ必要な人は違うので、こういった人を必要としている人もいると思います。そんな方は、今まで通りこういった方と付き合っていけばいいんです。自分の意思で。

流されて、自分の意思とは違うところにたどり着くのだけは避けましょうね。そんな姿を子供には見せられないですよね。