ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

『リスク』を取るか取らないか 〜成功者のマインドを感じてみよう〜

雑談

”スピード感”のある人は成功しやすい

結局、どの分野でも成功する人って”スピード感”のある人。企業勤めでも同じ。というか、企業勤めの人で”スピード感”のある人は、ちょっと勤めたらすぐに独立してますね。だって、”スピード感”のある人に会社が追いつけないから。

会社が、だらだら『打ち合わせ』やら『会議』やっている時間がもったいないですからね。その待っている時間で、”スピード感”のある人はもっと仕事が出来るんですよ。

それなら、会社に勤め続ける必要は一切ない。自分でやったほうが楽しいしはやい。で、退職です。

それでいいと思います。

一番タチが悪いのは、「自分にはやりたいことがある!」とか「成功者の考えを聞いて勉強したい!」って”中途半端”に思っている人です。”中途半端”に。

以下のツイートが、それを物語ってますね。

その場ですぐに行動に変えられる人は強い。というか、自分で「どんな本読んだらいいですか?」って聞いているんだから、すぐに行動起こさなきゃ。相手の時間をもらっているんだから。

何気ない話から、

「それいいですね!今度企画立てましょうよ!」

という人と、

「それいいですね!ちょっと待ってください。こんな感じでやってみませんか?その方面に強い知り合いに今連絡しますね!」

という人。

どっちが仕事出来るかなんて一目瞭然ですよね。前者の人は、これカタチにならないんじゃないかな。

自分のやっていることに対して投資できない人は何やっても成功しない

僕もブログを書いていますが、そのために本は結構読みます。最近は、家に本が増えすぎて困ってしまい、「何かいい方法はないかな?」と考えた結果、今更ですがKindleで本を買うようになりました。今更ですが。

これも、投資。いろんな人の考え方を本から学んで、自分の考えとすり合わせる。で、ブログに書く。自己投資です。

音楽も同じ。アーティストの感情むき出しの歌詞を読みながら、

「どんなことを考えて書いたんだろう?」

とか

「なんでこんな言葉の言い回しが出来るんだろう?」

なんてことを考えています。

そこにかけるお金は、『消費』ではなく『投資』です。

自分にお金をかけられない人は、『消費』と捉えてしまうんですよね。「もったいない」とか「お金かけないでなんとかならないかな」っていう考え。それじゃ成功しませんよ。

『消費』という考え方から『投資』という考え方に変わって初めて成功への道が出来ると思うんですよね。

『投資』なら、その先に『投資回収』がありますからね。ネットビジネスで成功している人は、楽して稼いでなんかいませんよ。

「絶対に『投資回収』してやる!」っていう確固たる信念があるからお金を注ぎこめます。

自分が買わない商品を、いったい誰に勧めるの?っていう話ですね。

もう、ほんとその通り。

投資した分は、回収すればいいんです

元をとる っていう考え方ですね。これができないと厳しいですよ。

1冊2000円の本を買ったとして、「そこから勉強できることを勉強し切ったら終わり」にしてしまうから、『消費』っていう考え方から抜け出せないんです。

Amazonアソシエイトでもなんでもやって紹介すればいいんですよ。いい本なら。かかった費用分、アフィリエイトで稼げばいいんです。

何も元手をかけずに、商品を紹介しても、売り上げなんて上がりません。自分が使ってみて、触ってみて初めて気づくことがあるから販売できるんです。

それは、企業に勤めていても同じ。

僕は、自分の目で確認して、学校の参考書にも目を通して、通信教育で何が一番成果が出そうか調べたのちの『スマイルゼミ』です。中学生までは、ですけどね。

そうやって自分に『投資』して初めて成功に結びつくことを忘れずにね。