ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

ネット世界も現実世界も同じようにブレずに自分の信念を貫きたい

『匿名性』という防具に包まれて好き勝手発言することの危険性

にちゃんねるとかブログのコメントとか見ていると、『匿名性』をフル活用して自分の感情を”自分の気に入らない敵”に向かってぶつけている人をよく見かけます。

僕はそういう人を見ると、

「それって、現実社会でも同じ考えをブレずに持っているのかな?」

って思います。

なんか、ストレス発散のために、誰かにぶつけれいるだけなのかな?っておもっちゃうんですよね。

その時間があったら、自分のやりたいことにもっとのめり込めばいいのにな。

あっ、でも”口撃すること”がやりたいことなのかな?それなら、何も言いませんが…。

最近は、Twitterでも”口撃”が増えていますね。

で、そのTwitterなのですが、『匿名性』のように見えて、実は結構危険らしいですよ。Twitterは簡単に特定できるようです。

匿名でTwitterすることに対しての反対はありません

自分の名前を出すことができないという事情がある人もいると思いますので。

でも、Twitterで話していることと実際の行動が伴っていないのは、ちょっとカッコ悪いですね。

僕も、Twitterやブログで

「あれやりたい、これやりたい」

を連発しています。そして、まだカタチにできていないことだらけです。

でも、少なくとも、ここで話している内容は、現実でも同じことを話しています。

リアルとバーチャル。場所がどこであれ、ブレない自分でありたいですね。