ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

フリーランスを考えているなら、プログラミングを覚えよう

通信・家電

ロジカルシンキング』を学べるかも

論理的思考(ロジカルシンキング)とは、確かな根拠を元に物事を筋道立てて考えること。難しいことをわかりやすく表現することを含む場合もあります。
プログラミングではプログラム作成前に設計作業、作成後にテストがあり、「全ての項目を漏れ・重複なく洗い出す」「論理的に分析・設計する」「異なる部署や幅広い世代の人に説明する」といった作業を経て、論理的思考力が徐々に鍛えられていきます。他にも企画立案からサービスの設計、上位フェーズのテストやマニュアル作成など、IT分野に限っても幅広い実践の場があります。
一般的な問題解決スキルやプレゼンテーションスキルの基礎となる考え方なので、あらゆる場面で重宝されます。

プログラミングを学ぶとこで、こうした考え方もできるようになるんですね。これは、独立を考えている方は身につけておきたいところ。

プログラマーは在宅でも年収1000万を目指せるんです

在宅プログラマー在宅ワークの中でも1・2を争う高収入の仕事です。

みなさん、スマホ使ってますよね?アプリとかもたくさん使っているんじゃないですか?

そのアプリを作成しているのが、プログラマーです。

現在社会では、このスマホアプリの需要が高く、それによってプログラマーの需要も高まっています。アプリを開発できる人は重宝される時代です。

今後、世界が原始的な時代に逆戻りしない限り、この状況は変わりません。日々、コンテンツメディアも進化していくので、その進化していく過程で開発に関われる人間への需要は高まる一方です。

なので、プログラマーは手腕一つで年収1000万も夢ではないのです。

プログラマーという仕事は場所を選びません

プログラマーとして仕事をする上で必要なのは、ネットにつながる環境のみです。他は必要ありません。仕事はPC上で行うので、わざわざ東京にオフィスを構える必要がないんですね。

クライアントに依頼された内容を作成して、納期までに完成品を納品するだけです。なので、ネット環境が整っていれば、離島でも仕事をすることは可能です。世界一周しながら仕事をすることだってできるのです。

面倒な打ち合わせだって不要です。クライアントとメールでやりとりしながら、完成を目指せばいいし、メールで不安なら電話でもいい。クライアントが求めているのは、納期までに臨んでいるコンテンツが納品されることのみ。週に1回直接会って打ち合わせ、なんて必要ありません。

在宅プログラマーは勤務時間に縛られない

ここも重要ポイントですね。

働く時間は、自由です。納期までに納品出来ればいので。夜中にやっても、朝にやってもOK。2日間ガッツリやって、1日休むなんて働き方もできます。休日を自由に設定できます。

東京でサラリーマンしてると、こんなことできないですよね。朝から出勤。定時になっても誰も帰らないから、一緒に残業。家に帰ったら、もう家族は寝ている。

「俺、こんな生活が欲しくて働いてるんだっけ…?」なんて悩まなくて良くなります。

在宅のメリットは、家族との時間を過ごせることですね。

でも、プログラミングって難しいんでしょ?

いえいえ、そんなことありません。

今まで関わったことがないから、そう思ってしまうだけです。ちゃんと勉強すれば、身につけられるんです。

もちろん独学でやろうとしても難しいでしょう。でも、ちゃんとした環境で学べば、できるようになります。

僕のお勧めはこちら。

未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ

「スクールに通う時間がない」という方にもお勧めです。オンラインで学ぶことができます。在宅スクールです。メンターも付いてくれるので、わからないことも質問しやすい。

着実にプログラミング力を身に付けることができるわけです。

プログラミングを学ぶことのメリットは、プログラマーとしての幅を広げるだけでなく、ブログなどにも運用できますね。

ブログのデザインを自分で構築できるわけです。WordPressのテーマ作成をして、自分で使うこともできますし、それを販売することもできますね。幅が広がる!

独立、フリーランスを考えている方は、一度体験してみてはどうでしょ!