ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

男性が気になっちゃう女性の『ふとした仕草』とは?

気になっちゃうんだよなぁ 『ふとした仕草』って

前回は、女性から攻め込んで、男性を陥落するための行動・仕草を紹介しましたが、今回は男性が気になっちゃう女性の『ふとした仕草』に焦点を当ててみます。

なんていうか、『ふとした仕草』ってズルいですよね。目を奪われてしまう。きっと『ふとした』ものだから目を奪われちゃうんですね。その瞬間、時間が止まったかのような感覚になります。僕が誰かを好きになる瞬間って、こういった『ふとした瞬間』なんですよね。これ、きっと共感してくれる人も多いはず。

前回の内容に、この内容も合わせれば、なお強力な武器になりますね。

では、紹介します。

可愛すぎかよ 女性の『ふとした仕草』5選

困った時のおめめパチパチ

『「どうしよー」なんて言いながら、目をパチパチさせている姿を見ると、僕にできることが何かないかって探しちゃいます』

『お酒の席なんかで「でも僕はあなたのこと好きだけどね」なんて冗談で言った時に、「えー」なんて言いながら、女性が目をパチパチさせて困っていると、本当に好きになっちゃいます。』

『道に迷った時に、「おかしいなー」なんてスマホをみながら、目をパチパチさせている女性を見ると、なんとかして守ってあげたいと思ってしまいます』

困った時に、目をパチパチさせるのは、有効のようですね。ただし、パチパチも使い方次第で失敗するようです。何にでも過度にやりすぎるとマイナス面もあるようです。

『女性と一緒にご飯を食べている時、「これ美味しー」って言いながら目をパチパチさせている姿を見ると、なんだか食欲が失せます』

使い所は間違えないようにしないといけないですね。

トラブルが発生した時に泣くのを我慢している姿

『トラブルが起きた時に、本当は泣きそうなんだけど我慢して頑張っている姿を見ると、きゅんとします。なんとかしてあげたくなります』

『何かに失敗して、泣きそうなんだけど、我慢してる姿を見ると、抱きしめたくなります』

『職場の人事異動で、女の子の大好きな人が異動になって、送別会した時、本当は寂しくて泣きそうなのに我慢してた時。最後まで我慢して、送別会が終わってから泣いてました。好きになりました』

泣くのを我慢している姿を見ると、男性は本能的に「なんとかしてあげたい」「守ってあげたい」と思うようですね。これが、俗に言う『涙は女の武器』ってやつか。

スカートのめくれを恥ずかしそうに直す

『イスから立った時に、スカートが少しめくれているのに気付き、恥ずかしそうにさっと直す仕草を見ると、きゅんとします』

『恥ずかしそうにしながら何かをする女性って魅力的ですね。色っぽいというか。スカートのめくれを直すのとか、ドキドキしますね』

なるほど。スカートのめくれですか。僕は、そんなシチュエーションに出会ったことないなぁ。でも、『恥ずかしそうに』っていうのはわかりますね。リュックが空いてる時とか「あっ」って恥ずかしそうに直す仕草とか、撃ち抜かれますね。

目があった時に恥ずかしそうに微笑む

『ふと目があった時に、相手が恥ずかしそうに微笑むと、なんだかこっちもドキドキしてしまいます』

『何気なく目があった時に、女の子が照れながらちょっとはにかむ姿を見ると、ずっと俺のこと見てたのかな?ってなんか期待しちゃいますね』

ここでも『恥ずかしそうに』というのがポイントに。女性は恥らっている瞬間こそが美しいということでしょうか?でも、これわかります。目があった時に、逸らされるんじゃなくて、恥ずかしそうに微笑む。僕もドキッとしますよ。もうね、好きです。もうね、世界で一番可愛いです。

両手でカップを持ちながら、「フーフー」する仕草

『あったかい飲み物を、両手で持ちながら「フーフー」している姿を見るとドキッとします。女の子はカップを見ているので、その瞬間こっちが女の子を見ていることに気づいていない。そう思うと、なんか、その世界を独り占めできたような気分になります』

『両手で持って「フーフー」はポイント高い。できれば、萌え袖でやってほしい』

両手「フーフー」はポイントが高いようです。僕はそんなに…ですが。どちらかというと、「萌え袖」の方がきゅんとしますけどね。あっ、でも、「フーフー」しながら急に上目遣いでこっち見て「あったかいね」なんで微笑まれたら、ドキッとするかも。想像したら、好きになるポイントだらけでした。

 

いかがでしたか?季節的に両手「フーフー」はちょっと厳しいかもしれませんが。『目があった時に恥ずかしそうに微笑む』なんてのはすぐにでも実践できそうですね!

うまく仕草を使って、良い恋を!

恋人が出来るまでは、このアルバム聞いて我慢してね!