ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

コミュニケーションは『メール』AND『電話』?

コミュニケーションは『メール』と『電話』で

著者の岩瀬さんは「ビジネスの現場でもメールが主流のコミュニケーションになっているからこそ、電話や対面でのコミュニケーションが大切」と言っています。

相手の声を聞くことで、気持ちが和んだり、怒りが和らいだりすることがあるとのことです。

直接会うことは最も有効なコミュニケーションだということも言っています。

僕もこの考え方には概ね賛成です。ですが、すべて『電話』AND『メール』である必要はないとも考えています。

フリーランスの人にとって電話は時に非効率

仕事をしていると、「直接話した方が早いな」と思うこともあります。で、電話するわけですが、時にこの『電話』が煩わしい時もあるのです。フリーのライターさんだったら、取材や対談をしている時もあるでしょう。そういった場合、『メール』だけでのやり取りの方がありがたいのです。「気になったことは、こちらから連絡する。だから仕事の依頼内容に関してはメールで」という方は多いのではないでしょうか。

それに、何度も電話がかかってくると、仕事になりませんよね。「さっきの話ですけど…」って何度も修正が入る。「伝えわすれてました…」『まとめていってくれ!』ってなりますよね。それに、雑談になってしまったら、切るに切れない…。「この後も仕事あるのになぁ」なんて思いながら電話しているんですよ。あとは、時間を気にせず電話してくる人もいますよね。

『メール』だけで済むなら、それが一番いいわけです。

『電話』だけで済まさないで!

で、あとこれ。電話だけで用件伝えて済まそうとする人。これはダメです。なんでダメかって?

「人間は忘れる生き物だから」

これだけです。

電話だけだと、「言った・言ってない」に発展するんですよね。なので、結局、「今の話メールで送りますね」(送ってくださいとは言えないですから…)ってなる。仕事が増えるわけです。これって、かなりの時間も無駄です。

まずは、メールで仕事の内容を伝えましょう。間違った伝わり方をすることもあると思いますが、そうしたら訂正すればいいわけです。

まぁ、でも玉のコミュニケーションとして電話を使うのはアリですね。1年仕事していて、一度も話したことない、というのはちょっと寂しいですからね。

なので、仕事の話は、基本『メール』でお願いします

僕だったら、ブログにメッセージ送ってもらえれば、対応できますし、Twitterのダイレクトメールくれれば、全員に返信してます。すぐに返信というのは難しいかもしれませんが、24時間以内の返信を心がけています。

と言っても企業に津tめていると、上司もメール地獄だからね…

だったら、直接上司のところに行けばいいわけです。会社ですから、それはOKですよね。メール送って、「いまメール送った件なんですが…」って話せば、すぐに解決ですよ。話した内容をまた上司にメールすればいいわけです。上司が見ていなくてお、話した事実と、送信BOXにメールを送った事実が残りますから。これで、どうのこうの言われても、それは上司が無能なだけですからね。大丈夫、あなたに非はありません。やることやってますから。

でも、「メール送ってなかった…!」ってなったら、アウトです。必ず送りましょうね!