ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

新大学1年生の若者3人組の話を聞いてます

バカな大学は『滑り止め』ではない!

彼らは、大学の滑り止めに関しての話をしています。どうやら、「受ければ受かる大学は滑り止めではない」そうです。

「えっ?滑り止めって大学浪人しないために、入れる大学を受けることじゃないの?」

いきなりショッキングな話が出てきました。

僕の見解だと、このまま行けば入れるだろう大学=滑り止めだと思ってました。どうやら、ギリギリ入れるかどうか微妙なラインが「滑り止め」らしいです。今年大学受験をしようとしているみなさま、「滑り止め」には気を付けましょう。変に入れる大学を受けるとdisられます。

大学には「イキがってる」若者が多いようです

どうやら、「イキがってる」=大学デビューなのかな?という若者が多いそうです。聞こえてくる感じだと、神奈川大学東海大学大東文化大学、と聞こえてきますが。そんなにイキがってる大学生多いの?僕はそんなイメージないけどなぁ。まぁ、何人かはいるかもしれないけど。とりあえず、「平塚は田舎」だそうです。平塚の人はイキがってるそうです。平塚のみなさま、僕じゃありません。若者3人が話しているんです。

っていうか、入学したばかりの若者が、タバコ吸いながら、ドリンクバーと山盛りポテトで話しているんですが、君たちこそ、「イキがってる」んじゃないのか?

あれ、タバコっていつから18歳以上OKになったの?通報しちゃうよ?

なんてことを言ったら、袋叩きにされそうです。金髪パーマですか…。怖い…。

隣にも3人組の男の人集団がいます。高校2年生の店員さんに絡んでますが、気をつけて!やられちゃうよ!おそろしや…。

テニスサークルはチャラいからありえないらしい

そうですか…。僕もテニスサークルだったんですが…。チャラいのかな?でも、「女の子がかわいいからなぁー。悩む!」って、おい!君達の方がチャラくないか?気のせいか?

ちなみに、テニスサークルは、巷ではよく「飲みサークル」と言われていますが、他のサークルもほとんど変わりません。だったら、自分のやりたいサークルに入ればいいんです。テニス、楽しいよ!

大学の学内にはWiFi飛んでるの?

WiFiってか、君たちがぶっ飛んでる…。なんてことは言いません。最近の大学はフリーのWiFiが飛んでいるところがほとんどです。授業でノートPCを持ち込む機会も多いので、大学側が整備しています。本当便利になりました。

僕の在学中もWiFi飛んでたら良かったのになぁ。教室に入って、LANケーブル繋いで課題をやっていた時期が懐かしい。全ての教室にLANケーブル繋げたので授業中に課題やってたなぁ。

友達できるかなぁ?

このテーマになったら、急に3人とも静かになってしまいました。今も昔も、悩みは同じですね。僕も入学したての時は、友達できるか不安でした。というか、1週間くらいひとりでした。諦めかけてました。

でも、大丈夫。友達はできます。大学には『ゼミ』だったり、語学授業の『クラス」があるので、自然と友達ができます。あとは、オリエンテーションキャンプがあると一瞬でできますね。僕もオリキャンで友達ができました。

次会うの、いつにする?

という話が出てきました。おいおい、もっと大学の友達と遊ぶ時間とか考えなよ!絶対楽しいって!もちろん、今までの友人関係も大切だけど、もっと枠を広げようよ!同じ学部・学科の友人こそ、あなたに良い刺激を与えてくれます。そこから新しい発想が生まれれば、在学中の企業だってできるよ!

馴れ合いの友人関係もいいですが、せっかくだから同じ志を持った友人と、イノベーション起こしていこうよ!

話は、免許に

「原付って半分は落ちるじゃん?」いやいや、落ちませんから!ちゃんと勉強していれば受かりますから!免許の中で原付が一番簡単に取れますから!

ツッコミどころが満載すぎる。さすが若者。話を聞いていて、自分が歳を取ってしまったということを痛切に感じています…。

ちなみに、普通自動車自動二輪も悩んでいるようですが、どちらもとってしまいましょう!

制服っていいよね

「ってか最近思うんだけど、制服っていいよね」

えっ、ついこないだまで制服だったでしょ?もう?おじさん、ついていけません。確かに、『制服』はひとつのブランドかもしれませんが…。こんなに早く制服に恋い焦がれるなんて…。

失って初めて気づく とはこういうことなんでしょうか?

日本は今日も平和でした

こうやって若者の話を聞いていて、思ったのは、

「今日も日本は平和でした」

ということ。

こんな日常が続くように、僕たち大人は、法を守り、争いを拒絶していくことが大事です。

この若者たちが、いつまでも楽しく過ごせるように、ますます気を引き締めていかないといけませんね。