ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

会社員はなぜプロセスに評価を求めるんだろう?

雑談

プロは努力して当たり前

プロはプロセスに対して報酬を受け取っていません。結果が全てです。結果が出せなければ、今まで積み上げてきた努力も水の泡になります。なので、ストイックに結果にこだわりますよね。結果を出すための努力は当たり前。そこを評価してもらおうって考えているプロはいない。

会社員は『プロセス』を評価の対象として求める

もちろん、プロセスは大事です。結果を出すために通る過程ですから。でも、結果出なくても「ここまで頑張ったことを認めて」とか「結果だけじゃなくやったことへの評価もして」というのはなんでだろうって思います。 社会人も、その仕事のプロなわけで、それでお給料をもらっている。結果を求められているので、結果が出なければ本来なら報酬はないわけです。そのことを棚に上げて、評価を求めるのはアマチュアですよね。

「大人ひとりひとりが『プロ意識』をもつこと」が大事

はんせすべき点は多々ありますね。これから、もっと「プロ」としてどうあるべきか。見つめ直す必要がありますね。