ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

『まだ好きだよ…?』 失恋を思い出す曲5曲

普段生活している中で、急に昔の彼氏・彼女を思い出す時ってありませんか?

僕は、結構あるんですよね。街を歩いていて、ふと思い出すことが。知らない人の後ろ姿が、昔の彼女に重なったりして。

そんなときに、頭の中をふとよぎる音楽。なんか急に流れてきて、「あっ、懐かしいな」なんて思ったりします。

今日は、そんな昔の彼女を思い出す歌を紹介します。

なんだろう、心にすぅーっと入ってくる感じ。いい恋してたんだなぁ。

昔の恋人を思い出す ふと頭をよぎる歌5曲

Don't you see! (ZARD

ZARDの曲は、他にも良い曲がありますが、この曲が一番頭によぎりますね。

「願っても祈っても、奇跡・思い出、少しは気にかけて」ですよ。僕のことを思い出してくれることあるのかな?なんて、ちょっと感傷的になったり。

「いろんな人をみるより、ずっと同じあなたを見ていたい」ですよ。ずっとあなたを見ていたかったんですよ。

なんて、過去を思い返して、でもなんかちょっと笑いがこみ上げてきたりして。懐かしさを感じます。

「世界中の誰もがどんなに急いでも私をつかまえていて」ですよ。僕はこれから先、こんな気持ちになれる恋愛ができるだろうか…。できるといいな!

Perfume of love (globe)

たとえ、もう二度と会うことはないとしても、僕はあなたのことを忘れないでしょう。そんな言葉が頭の中をグルグル回る曲です。

「君の名前はずっと忘れずにいたいよ。できたらつないだ手の温もりも」ですよ。うん、忘れたくないなぁ。これが、世に言う『名前をつけて保存』ですかね(笑)

女性の方は、一度別れると、「なんで好きだったんだろう?」と我に返るらしいですが。昔、ルミネの広告で「運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる」というのがありましたが。さみしいなぁ。たまには思い出してくれてもいいんだよ、うん。

sure (Everi Little Thing)

「小さな光を辿って僕らがどこへゆこうとも、確かなことがあるとすればきっと、ゆるぎない愛する想い」ですよ。

昔の恋人、なので、何かがうまくいかなくて別れてしまったわけですが。それでも、確かなことがあるとすれば、それはきっと愛する想いは嘘ではなかった、ということです。うん、それはゆるがない。

間違いなく、その瞬間、この世界ではその人しか見えていなかったわけですし。そこに嘘偽りはありません。この気持ちって大切。無理に忘れたり嫌いになったりするなんてもったいないじゃない。大切にしようよ、その気持ち。

「再び逢えると信じて、僕らは今日も願うだろう。確かなことがあるとすればきっと、変わらない愛する想い」ですね。

愛しすぎて (CHEMISTRY

「時が過ぎて、今更なんてわかってるけど。これからも君の手の温もりが忘れられずに」ですよ。「愛しすぎて、もう戻れなくて。愛しすぎて、震えてた手に。愛しすぎて、温もりだけが。愛しすぎて」ですよ。

「もしも今が、あの時なら…」「人はいつも終わった恋に夢を見るけど、この胸の炎はまだくすぶり…」

なんて、直球な未練ソング。

どこにいるかわからないけど、この想いをあなたに届けたい。それを実現できるのが歌ですね。歌うことで、世に広まっていくことで、伝えたい人に届くといいな。

僕のこの想いも、いつかカタチになってあなたのもとへ届きますように。

なんてことを妄想しちゃう曲です。

LOVE涙色 (松浦亜弥

「泣いても泣いても止まらない。あの夜で全て終わったのよ。メールは返さない」ですよ。あの夜で全て終わったんです。もうメールは返さないよ。

なんて、メールもこないですが。

「どれくらい身長伸びたとか。太ったり痩せたり、どんなバイトしてるとか考えてばかり…」ですよ。わかる、わかるよ。どんなことで喜んだり悲しんだりしてるのか、とか。誰といるときに幸せ感じてるのか、とか。悩んでるときは誰に相談してるんだろう、とか。そんなことばかり考えてしまう自分がいたりして。

でも、そうやって思うのも、間違いなく好きだったから。どうでもいい人だったら、そんなこと考えないですからね。そんな全力で恋をした自分を好きになりましょう。

 

うん、日本っていい曲がたくさんあるなぁって再認識。今回選んだ曲は、ほとんどが90年代後半〜00年代前半の曲です。この頃の音楽って、響いたなぁ。って思ってしまうのは、自分が歳をとったからかなぁ…。