ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

はきものをそろえよう

よのなかのルール

美しい人とは

僕は思います。

はきものを揃える人は美しい、と。

男女関係なく、育ちがいいんだろうなって思います。

誰かのお宅にお邪魔した時に、すっと自分のはきものを揃える。そして、一緒に来た人のはきものも揃える人。素敵です。

知人を家に招いた時に、玄関で迎え入れて、全員が家に入ったのを見届けた後、すっとはきものを揃える人。素敵です。

育ちが良いなって、本当に思います。

育ちがいいって言葉はその人の家族・友人・知人への褒め言葉

ちょっと話が逸れます。『育ちがいい』っていう言葉を聞くと、僕がいつも思うことがあるので、その話をしたいなって思います。

『育ちがいい』って言葉。その対象の人を褒めている言葉に聞こえますが、僕はちょっと違うなっておもんですよ。もちろんその意図への褒め言葉ではあるんですが。

なんていか、その人が生きてきた人生だったり、その人が生きていく上で関わってきた人全ての人に対しての褒め言葉だと思うんですよね。『育ちがいい』って。

だって、その人はひとりで生きてきたわけではないし、絶対に関わってきた人の影響があるわけで。ということは、その人の周りにいる人、関わってきた家族・友人・知人がいて、はじめて『育ち』があるわけです。『育ちがいい』って、『あなたは本当に素敵な人たちに囲まれて育ってきたのね。素敵だわ』ってことですよね。

僕も『育ちがいい』って言われる人間になりたいと思っています…まだまだですが…

うーん、本当にいい言葉。もし僕が言われたら、なんていうか誇らしいですよ。だって、僕の家族・友人・知人が褒められているわけですから。こんなに気分のいいことはないですよ。

だから、僕は『育ちのいい』人は信用します。もう、それは一瞬で。だって、信用できる人が周りにもいるんですから。

長いこと話が逸れましたね。でも、『はきものを揃える』ってそれくらい素晴らしいことだと思うんです。

だから、僕は声を大にして言いたい。はきものをそろえなさい、と。

はきものだけではないんですが、いつでも身の回りをきれいにしている人、清潔感のある人って、なんていうか人の悪口とかもあまり言わないんですよね。たぶん、人間なので、嫌なことがあったり、納得できないことがあったり、イライラすることもあると思います。

でも、それを周りの人には出さない。いつだって、笑顔でいる。

そういう人に僕は惹かれます。男女関係なく。一緒にいたいなって思います。なんていうか、自分のこともた移設にしてくれる気がします。

悪口を言うのとか、グチをこぼすのがいけないというわけではないです。僕もグチをこぼすことは多々あります。

でも、なんていうか、うーん。うまく言葉に表せないなぁ。

すごく大事な人になるんですよ。そういう人って。なんでも相談したくなるし、なにか困っていることがあったら、何があっても助けたくなっちゃう。

僕にも、そんな友人・知人が多くいます。そういう人は、同じ場所に住んでいなくても同じ場所で仕事していなくても、長らく会っていなくても、やっぱり何かあったらすぐに駆けつけたいと思うし、自分自身忙しい時でも会いに行っちゃう。助けになれるなら飛んで行っちゃう。

僕自身、まだまだ気分で動くところがあるので、なかなかそんな『育ちのいい』人間には慣れていませんが、周りに素敵な人がいるわけだし、その人たちに恥じない人間にならなくちゃな…。