ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

勝手に曲紹介 vol.10 ~未完成品(スケッチ−)~

音楽コラム
自分がアーティストになりきって曲を紹介するコーナーです。

※実際のアーティストの曲紹介とは関係ありません。僕個人の勝手な解釈です。あらかじめご了承ください。

 

僕ら『スケッチ』の名前の由来って話したことありましたっけ?

僕らって、人間としてもまだまだ未完成で、これからもっと成長していかないといけないよなって思ってます。それに、音楽にしてもまだまだ荒削りで、みなさんの満足のいくものを世の中に出せていないと思ってます。

自分たちへの戒めと、そしてこれからもバンドとして、音楽人として、そして人として成長していく。その過程なんだということを、名前『スケッチ』に込めています。まだ未完成な自分たちだからこそ、一歩でも完成系に近づきたい。そんな気持ちで毎日走っています。

それとは逆に、いつまでも完成しない『未完成のまま』でいたいという気持ちも表しています。もちろん、完成系に近づいていくんだけど、それでも完成させない。完成したら、僕らは終わってしまうと思うんです。人生もそう。死ぬときまで終わりはないと思うし、もしかしたら、自分が死んだ後も、『僕』という存在は生き続けて成長していくかもしれない。

いつまでも成長し続けたい。僕らはずっと未完成のままでいい。という思いでつけました。

いつまでも、ガキンチョでいたいなって。クレープ屋見つけたら、迷わず飛び込んで買っちゃうような。それはちょっと違うか(笑)

それと、このバンドを結成する上で、ある音楽との衝撃的な出会いがありました。

その歌の歌詞の一部なんですけど、

これは何のためだろう? これは誰のためだろう? 悩んだって所詮それは ねぇ それは誰のためでした。あれは何のためでした。 って思いたがってた 自分のためで

って、この部分を聞いて、「はっ」となったんですよね。

結局、自分のためのことを何かの言い訳にして逃げてるなって。結局、うまくいかないことから逃げているんだなって。未完成の自分を認めたくないんだなって。

これじゃいけない、いまの自分を受け入れて、ここから始めよう。って思えたんですよね。それで、いま僕はここに立つことができるようになりました。こうして、いまみんなと出会い、音楽を共有することができました。

この曲が僕らの原点です。

今日の最後は、この曲をやろうって決めてました。僕らの原点を感じてもらえればなと思います。

聞いてください。

『未完成品(スケッチ−)』 (植田真梨恵

気になった方は、こちらをどうぞ!