ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

勝手に曲紹介 vol.8 ~ハイリゲンシュタットの遺言~

自分がアーティストになりきって曲を紹介するコーナーです。

※実際のアーティストの曲紹介とは関係ありません。僕個人の勝手な解釈です。あらかじめご了承ください。

 

会いたいと思ってるのはこちらだけでしょうか? なにも言わなくていいよ 朝から晩 晩から朝までの間 頭の中 まぶたの裏 記憶のふちに煌めいた 小さな願い 君に会いたい これは愛だ

誰かを好きになると、それ以外のことが考えられなくなる。そんなことってありますよね。頭から離れない。朝起きて頭によぎるのは、いつもあの人のこと。何かしてても、急に出てくる。誰かと話してても、急に出てくる。いつもあの人のことで頭がいっぱいで。

「いま、何してるのかな?」とか「この虹、どこかでみてるかな?」とか。「いま、会いたいな」とか。一日中頭から離れないから、夜眠ってても、夢に出てきて。

夢の中でも、笑顔だったり、泣いていたり。起きて、それを思い出して「なんで泣いてたんだろう?」とか気になっちゃって。それで、また考えちゃって…の繰り返しですよ。

それに、実際は会えないから、自分の中でどんどんあの人が美化されてしまって(笑)。どんどん気になっていく。もっともっと知りたくなる。

でも、そんな気持ちも自分だけ。あの人はそんなこと気にもしてないし、きっと自分のことも思い出したりしないんだろうな。ふと、思い出してくれたりしてるのかな?でも、その答えは知らなくてもいい。

私が、あの人のことを好きで、会いたいと思ってるだけ。それでいい。

でも、もしあなたが困難なことに直面したり、つらいことがあったり、悲しいことがあったら、飛んでいくよ。

その時のために、楽しいことだったり、綺麗なものだったり、元気になれるものをたくさん抱えて、あなたを抱きしめに行くよ。

本当に抱きしめるんじゃなくて、気持ちであなたを包んであげたい。

だから、悲しい時は思い出して。私のこと。

そんな、気持ちを走り抜けるようなビートに乗せて曲を書きました。

女の子だけじゃなくて、男の子も共感できる歌になっているんじゃないかな?いま、片思い中で恋にワクワクしている男の子も女の子も。それに、失恋しちゃった男の子も女の子も、また違った視点で過去の恋を見つめなおせるんじゃないかなって思ってます。

いまの自分の気持ちと照らし合わせながら聞いてもらえると嬉しいです。

『ハイリゲンシュタットの遺言』 (植田真梨恵

気になった方は、こちらもどうぞ!