ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

ドラゴンドライブ というマンガ

最近読んだマンガを紹介します。

ドラゴンドライブ』という月刊少年ジャンプで連載されていたマンガです。

バーチャルリアリティで作られたドラゴンをパートナーとして戦うというバトルゲーム「ドラゴンドライブ」。この設定を使用して漫画、アニメ、カードゲーム等で展開された。当初はカードゲームのみでの発売で知名度は低かったが、漫画連載とそれに合わせたカードゲームのリニューアル、その後のアニメ放送で知名度は上昇。38話で放送終了後、漫画は第二部へ移行し14巻で完結した。

何気なく読んだマンガだったのですが、結構面白い。

はじめは、遊戯王のマジックアンドウィザーズを踏襲した内容で、バトルを続けていくんだろうなぁ。弱気でナヨナヨした主人公が成長していくマンガなんだろうなと思って読み始めました。たぶん2巻くらい読んだら飽きるだろうと思いながら。はい、すみません。

そしたら、結構面白いんですよ。まぁ、主人公が成長していく内容なのは間違いないんですが。さすが、王道の少年ジャンプ。月刊だろうと関係ない。王道こそすべてという無いようでした。

このマンガ、ちょっと亜ネタバレですが、途中で主人公が変わって第二部が始まるんですよね。その瞬間、「えっ、マジで」と思ったんですが、最後はちゃんと第一部と第二部がリンクする内容でした。

イメージ的には、マガジンで連載していた『シュート』のような主人公交代劇からのリンクですかね。

『シュート』も、はじめの舞台は静岡県で、掛川高校の奇跡をメインに描いていきます。トシの成長と、トシを取り巻く登場人物の成長ですね。

そして、スピンオフを経て、舞台は神奈川県へ。久里浜高校のヒロをメインとした物語に移行します。

が、結局は全国大会で掛川久里浜の物語が交錯します。サブタイトルが『新たなる伝説』なんですけど、伝説と伝説のぶつかり合い…。これ以上のネタバレはやめておきます。

話がシュートにそれ過ぎました。

で、ドラゴンドライブなんですけど、一緒に戦うモンスター、ドラゴンですね、との友情だったりも描かれていて、結構泣ける内容になっています。

また、登場人物の交錯する想いとかも結構考えさせられます。

ただ、楽しく読む というのもいいですが、 人とは何か ということも考えることのできる作品なんじゃないかなと思います。

 

名作 とは呼べないかもしれませんが、是非一度目を通してほしい内容です。 全14巻と一気に読めるボリュームもいいですね。

シュートも紹介しておきますね。 もしよかったらどうぞ!