ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

勝手に曲紹介 vol.1 ~春咲センチメンタル~

音楽コラム

今回は、アーティストの曲紹介風にお届けします。ケイタです。(ケイタの勝手な妄想での曲紹介です。実際のアーティストの言動とは異なりますのでご了承ください。)

最近、暖かい日に出会えるようになってきましたね。春の足音が聞こえてきました。桜が咲く、素敵な季節ですね。 春といえば、『別れ』。そして『出会い』ですね。今まで時間を共にしてきた人たちとの別れはつらいですが、それと同じ数だけ出会いもあり、僕も胸が高鳴ります。 そうです。春は新しいスタートの季節なんです。 大切な人とはなればなれになってしまって、つらい思いをしている人も、また新しい出会いに心がわくわくする季節なんじゃないかなって。 前の恋人や好きだった人のことを忘れられずに、想い続けるのも大切だと思うよ。いいと思いう。 でももし、「大好きだけど、過去のいい思い出にして前に進みたい」と思っているなら、春は良い機会なんじゃないかな。

そんなあなたに贈りたい曲があります。この季節が来ると思い出す、昔大好きだった人を思って作った曲です。

僕も大好きな人がいてさ。ずっと好きだったんだけどさ。はなればなれになってからもずっとその人のことが頭から離れない時期があって。もう毎日だよ(笑)。どれくらいの期間だろ?1年位かな?ずっと。何とか戻れないかななんて考えたりするんだけど。そんな時期がありました。忘れられないのよ。悶々。

でさ、いつだったかってのは良く覚えてないんだけど、なんかたまたま歩いてたらさ、桜並木道を。なんかすごい綺麗な桜が咲いてたの。それを見たときに、「あぁ、俺このまま立ち止まってたらダメだな」って思ったんだよね。僕にとっても、その人にとっても。 そしたらさ、その桜が、その人に思えてきてさ。これはホント感覚なんだけど、笑顔で「前に進みなさい」って言われてるように感じて。

たぶん、これからも忘れることはないと思うし、忘れる必要もないと思ってる。でも、思い出はこの桜の木の下に置いていこうって。 いまは、どこで何してるとかはわからないけど、「僕は元気でやってるよ」って伝わればいいなって思ってます。

あなたも、大好きだった人を思い浮かべて、聞いてくれたら嬉しいです。

『春咲センチメンタル』 (Plastic Tree

気になった方は、こちらをどうぞ!