ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

映画館などでは静かにしよう

映画館って楽しいよね

僕、結構映画好きなんですよ。実は。最近はなかなか映画館に行くことができていなくて、レンタルばかりなんですが…。映画館の雰囲気が好きで、昔はよく行ってました。ピークは10年前くらいかな。月に1回は行ってました。あの頃は、平日に仕事休みが取れたので、木曜に休み入れて、その日は朝一で行って、3〜4本観てました。今はもうなくなっちゃったんですけど、当時は『メンズDAY』ってのがあって、1000円で観ることができたので、まとめて。終わる頃は、外くらいし頭クラクラだし…。なんて、若かりし頃の思い出です。ポイントもすぐに溜まって、結構無料でも観たなぁ。(無料ポイント使うときは、休日に)

予告も楽しめるよ

そんな映画好きの僕ですが、実は映画の本編だけでなく予告も好きなんですよ。というか、泣ける系の映画って、本編よりも凝縮された予告の方が泣けるんですよね。それに、予告を観ることで次の映画館にくる楽しみもまたできるわけです。上映日程を確認して、次にきてまとめて何を観ようかなって予定を立てるんですね。映画館って1日いても飽きない。本屋・電気屋・映画館は鉄板です。話が逸れてしまいましたね。

映画館では静かに

それでですね、『映画館では静かにしよう』ということですが、これはもう当たり前のマナーだと思うんですよ。上映中に、小声でストーリーについて話しているカップルとかたまにいますよね。あれ、本人たちは気づいていないのかな?結構響くんですよね、声。自分たちは大丈夫って思ってるのかな?もう、「おい、映画の話は終わった後にカフェでまったりしながら話しなさい!」って言いたくなります。というか、その話し声で、映画に集中できない…。となりで話された日には…。

しかも、一番きついのは、「あっ、この流れだと犯人は◯◯だね!」的な話。「えっ!?なんで!?それ言っちゃうの!?」ってなります。だって、その話で少なくともそこ意識しちゃうし…。

予告中も静かにね

まぁ、でも上映中の会話は、マナーとしてダメというのがほとんどの人に根付いているので、それは稀だと思うんです。あと、ポップコーンを食べる音は許します(笑)。ちなみに僕はスナック系は食べません。映画に集中できなくなるので。

僕がどうしても気になってしまうのは、映画予告のときに話している人たちなんですよね。まぁ悪気はないと思うし、本編もまだ始まっていないし、入場してくるお客さんもまだいるわけで。映画が始まっているわけではないという意見もあると思います。

でも、僕は思うんです。予告だって証明が落ちてから流れるわけですし、この『証明が落ちる』は映画開始の合図だと。なので、この瞬間から会話禁止です。予告に関しても「これ観たい!」とか「あの俳優誰だっけ?」という会話は禁止です。黙ってみようよ。って思っちゃうわけです。心が狭いですかね…(笑)

マナー守って気持ち良く

映画を観ながら会話がしたい場合は、レンタルまって、借りて観ましょう!自宅なら会話しても誰も何も言わないですよ。でもね、映画館はみんなのものだから、静かに観ましょう。楽しみにしていってるんですもの。

子ども向けの映画だと、上映中のおしゃべりは結構あるみたいですね。ここも、お父さん・お母さんが、日頃から子どもに「人がたくさん集まる場所では、自分勝手におしゃべりしちゃダメだよ」って言い聞かせているかどうかですよね。大人も子どももマナーはしっかり守って、気持ち良く過ごしましょう!