ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

スペクタクルなアーティスト 植田真梨恵

音楽コラム

最近、ちょっと気になっているアーティストを紹介します。

「わたし、つくるし、それ歌う。」

愛しさも痛みも孤独感も悲しみも、全力で、ひたむきに、今、目の前にあるものと向き合う、歌も思いも“強い”シンガーソングライター。福岡県、久留米市出身。 中学卒業を期に、「歌を歌いたい」と、故郷福岡から単身大阪へ。 自らの音楽をジャンルで縛りたくないという思いから、15歳で作詞作曲を始め、16歳の春、力強いハイトーンボイスと怖いもの知らずのライブパフォーマンスがレコード会社スタッフの目にとまり、本格的な音楽制作活動に入る。 以降、17 歳で1st Mini AL『退屈なコッペリア』、18歳で2nd Mini AL『U.M.E.』、19歳で3rd Mini AL『葬るリキッドルーム』とコンスタントに、インディーズレーベルよりリリースを続け、2012年、初めてのフルアルバム『センチメンタルなリズム』をリリースし、夏にはアルバムを引っ提げてのワンマンライブ、植田真梨恵LIVE"センチメンタルなリズム"を東京と大阪で敢行。 続く2013年には三枚組シングル『心/S/サ』のリリースのほか、その圧倒的なライブでの伝播力から、植田真梨恵LIVE「カレンダーの13月」(東京・大阪)、植田真梨恵LIVE"心/S/サ"(東京・大阪)を含む、ワンマンライブ全公演SOLD OUTを記録。 2014年1月には渋谷クラブクアトロと梅田クラブクアトロにて、植田真梨恵LIVE TOUR 2014 LIVE OF "LAZWARD PIANO" AT QUATTROを開催し、リリースもタイアップも絡めることなく成功に導く。 16歳の初ライブから実に7年、2014年8月6日、長年のインディーズ活動が実を結び、全国32局でパワープレイを獲得したシングル「彼に守ってほしい10のこと」でメジャーデビュー。東阪で行ったワンマンツアーUTAUTAU vol.1も早々にソールドアウトを記録。 続く11月にはギターレスのピアノロック「ザクロの実」を2ndシングルとしてリリースし、大晦日には、COUNTDOWN JAPAN FESに出演を果たす。 ピアノツアー”LIVE OF LAZWARD PIANO-青い廃墟-“で幕を開けた2015年は、2月にメジャー1stアルバムのリリースと初の全国4公演ツアー植田真梨恵LIVE TOUR 2015「はなしはそれからだ」を敢行。初日LIQUIDROOMからファイナルBIGCATまで駆け抜けた。 夏にはインディーズデビューとメジャーデビューそれぞれの周年を記念した弾き語りワンマン「たったひとりのワンマンライブ vol.2」(東京・大阪)の開催と3rdシングル「わかんないのはいやだ」のリリース、秋には2本目の4公演ツアーUTAUTAU vol.2の開催が決定。 「届くべきところに届くまで歌い続ける」強い決意をもって、前進し続ける。 植田真梨恵 オフィシャルサイト より

なんというか、音の選び方だったり、独特のリズム感だったり、そこにありのままの想いを込めた歌詞だったり、そして何といっても歌声が頭に残る。

最近の音楽シーンの中で、久々にはまりそうなアーティストです。最新シングルはオリコンチャート20位と、CDがれなくなった時代なので「そんなにすごくなくない?」と言われてしまいそうですが。うーん、

『聞けばわかる!!』

この記事も、植田真梨恵さんの曲『スペクタクル』を聞きながら書いているわけですが。

この独特な世界は、触れてみてほしい。うん、好き嫌いはわかれそうだけど。加藤ミリヤとか宇多田ヒカルとか好きな人は、受け入れやすいんじゃないかなって思います。

YouTubeとかで見てみると、ライブのパフォマーンスも結構本格的でかっこいいです。あっ、椎名林檎好きな人は絶対受け入れられると思う。

歌声は椎名林檎っぽいけど、音楽・歌い方はちょっとaikoっぽさもある。なるほど、90年代後半から00年代前半にかけて好きだった音楽の集大成っぽいから好きなんだなこれ。

その時代を音楽と一緒に生きてきた人にとっては、馴染みやすい音楽です。 ライブも結構やっているもたいなので、有名になる前に一度いってみてはどうでしょうか?おすすめです!