ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

だれであれ、仲間はずれにしない

なんで仲間外れにするの?

仲間外れにする理由ってなんでしょう?

  • 付き合っていると、自慢話ばかりされるので疲れる
  • いつも誰かの文句ばかりいっている
  • なんか性格があわない
  • キライ

…など理由はたくさんあるともいます。せっかく誰かといるのに、自慢話ばかりに付き合わされたり、文句に付き合わされたりすると…。はじめは話を聞いてあげるかもしれませんが、これからも一緒にいるのは嫌ですよね。そうなると、なんとなくその人と距離を置くようになります。そして、「実は、この間◯◯さんが…」なんて、他の人に噂が広まって、大々的に仲間外れが始まります。

仲間外れはもったいない

でも、仲間外れにするって実はとってももったいないんですよ。その人との付き合いがなくなるだけでなく、その人の話もちゃんと聞かなくなってしまいます。もしかしたら、すごく有益な話があるかもしれないのに、「あの人は自慢ばかりだから話は聞かない」なんて決め付けていると、有益な話を聞き逃してしまいます。

自慢話ばかりする人

自慢話ばかりする人は、「自分のことをもっと知ってほしい」「自分をもっと褒めてほしい」という気持ちや欲求があります。こちらとしては、「はいはい、また自慢話ですね」って切りたくなるけど、ちょっと待って!

自慢する人って、実はものすごく努力していると思いません?

「先月もまた海外旅行へ行ってきて〜」  なんて自慢する人。えっ、また行ったの?なんて思わずに考えてみましょう。

なんでそんなに頻繁に海外旅行行くの?

もしかしたら、海外には、日本にない魅力があるのかもしれません。それはどんな魅力なんだろう?それが、これからのビジネスのヒントになるかもしれませんよ。海外で流行っていることは、ニュースとして手に入れられるかもしれませんが、

  • そこに存在しない潜在的な理由は何?
  • なぜそれは日本では手に入れられないの?
  • もしそれを日本に導入するとしたらどんな方法で?
  • それが日本ではどう活きる?

そんなことを考えながら、話を聞ければ、もうただの自慢話ではなくなるわけです。チャンスですよ。

どうしてそんなに海外に行けるの?

見えないところで貯金しているのかも。よほどのお金持ちでない限りは、どこかから資金を捻出しているわけですから、その方法を仕入れることができれば、自分の家計にも活かせます。もともとお金持ちだったら、どうやってお金持ちになったのか、その方法を仕入れることができれば、これからの仕事にも活路が見いだせるかもしれません。

いつも誰かの文句ばかり…

いつも文句ばかり言ってる人は、むしろすごいんですよ。だって、対象の悪いところを際限なく見つけられるわけですから。良く言えば、「人を見る力」があるわけです。だって、普通に生活していても、そんなに人の悪いところって見えないですよね。だから、学ぶんです。その人の『視点』を。どこに目をつけて、どうやって情報を仕入れているのか。それさえわかれば、その逆のところに目をつければいいところが見えるわけです。

要するに、人を評価する目を養えるわけです。その人と同じように、まずは人の悪いところを探してみる。で、文句いっていることと自分が思ったことをすり合わせる。(心の中でね)。この練習ができるのです。むしろありがたい。

性格が合わない

なんで合わないんだろう?ということを考えてみましょう。きっと自分にとって嫌な行動を取られているからです。それさえわかれば、その人と同じ行動を取らないようにすれば、人間関係は上手くいくわけです。反面教師にして、自分を見つめ直す良いきっかけです。言い方は悪いですが、とことん利用させてもらいましょう(笑)。

キライ

これも性格と似ています。キライな理由がなんなのかを把握する。そして、その理由は他の人にも当てはまるのか。そして、自分あhその行動をしていないか。振り返る。

それに加えて、その人の良いところはどこか?も考えます。もしかしたあ、キライな理由よりも好きなt頃の方が大きくなるかもしれません。

仲間外れにするより一緒にいた方がお得

このように、仲間外れにすると、もう何も産まれませんが、一緒にいれば、何かしらの化学変化が起こります。これって、結構スペクタクルな展開じゃないですか?せっかく出会った人ですから、「もう無理!」で関係を切ってしまうより、「この関係を何かに活かせないか?」って考えた方が、自分にとっても有益ですね!