ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

大切な結婚式に 〜結婚式で使いたい歌〜

いまだにガストにいます。もう、夜のピークの時間ですが、それでも気にせず作業に没頭中…。喫煙席にお客さんがいないのが救いですが、いつまでいるんだ。ちょっとメンタルが強くなってきた気がします。このまま22時くらいまでいちゃおうかな。ドリンクバーありがたいし。   ケイタです。

結婚式に使うムービーなのかな?ガストで、映像を流しながら確認しているグループを発見しました。編集中かな?楽しそうですね。羨ましい。そんな状況を横目に見ながら、自分が結婚式をしている姿をイメージしてみました。妄想です。

入場は、こんな感じで…この曲を使って…。で、途中にこの歌を流して…。なんて考えると楽しいですね。結婚の予定のないケイタでさえ、こんなに心が弾むということは、結婚式を間近に控えている幸せなカップルは、もっと心が弾んでいることでしょう。いいなぁ。

結婚式といえば、サプライズだったり、両親への手紙だったり…いろいろ感動の瞬間の演出も考えますが、なんといっても一番は、

どのシーンで、その音楽を使うか

ではないでしょうか。

シーンにあった音楽は、感動をより強くします。

今回は、ケイタが結婚するなら、この歌を流したい!という基準で

結婚式で使いたい歌 を紹介します。

ケイタが選ぶ 結婚式で使いたい歌

ETERNITY∞ - Wonderful World

洋楽です。一時期、結婚式でもよく使われていましたね。なんというか、『この世界には素敵なことが溢れている』という強いメッセージが感じ取れる歌です。これから同じ時を刻んでいくふたりの門出にピッタリの歌です。新郎新婦入場の曲として使いたい。

倉木麻衣 Stay by my side

新郎から新婦にメッセージで気持ちを伝える時に使いたい歌です。個人的には、はじめはオルゴール調で流しながら、途中で歌に切り替えたいですね。歌詞の中の『新しい世界がまわりだし生まれ変わる この胸の高鳴りが消えないように』のところなんかは、式で流れたら涙は必須ですね。僕が、ですが…。

遊助 たんぽぽ

これも、新郎から新婦へのメッセージですね。うーん、倉木麻衣遊助か悩む…。こちらの歌は、まっすぐに「愛している」っていうメッセージを伝えているので、この歌に乗せて気持ちを届けるのもいいかもしれません。不器用に僕なりに気持ちを伝える歌です。

PENGIN オレポーズ〜俺なりのラブソング〜

これまたまっすぐな歌です。結婚式というより、プロポーズする時に、BGMで流れてくれたらなぁ何て思ってしまう曲です。『君が好きさ ずっと変わることはないさ この運命に気づく今 この手をとって 心のまま俺が守ってゆく』。うん、式の途中の出会い紹介からのプロポーズシーンで使いたい。

back number  花束

男と女の言葉の掛け合いから始まる一曲。何も考えていないように見えるかもしれないけど、僕はあなたといる時間がとても幸せで、あなたとの未来をちゃんと考えているんだよ。僕にとってあなたは代わりの効かない特別な存在なんだよっていう気持ちを全面に出している歌です。『僕は何回だって 何十回だって 君と抱き合って 手をつないで キスをして 思い出すたびにニヤけてしまいそうな想い出を 君とつくるのさ そりゃケンカもするだろうけど それなら何回だって 何十回だって 謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから ごめんごめんありがとうごめん くらいのバランスになる危険性は少し高めだけど 許してよ』

音源を使うときは注意が必要

結婚式で音源を使うときは、こちらの使いたい音源をプランナーの方に渡すことで、式場側が著作権の問題などはクリアしてくれるようですが、最近はダウンロードした音源は使えないなどの規定もあるようなので、直前で困ることがないようにCDなどで準備はしっかりしておきましょう!