ケイタのしゃべり場

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケイタのしゃべり場

言いたいことを書き連ねるブログ。

マンガでわかる よのなかのルール

書評(本)

世の中の常識って、わかっているようで実はわからないこと。

わかっていても、なかなか実践できないことってありますよね。

大人でも、恥ずかしくて言えない

「ありがとう」

素直になれなくて言えない

「ごめんなさい」

など、子どもでも知っている常識をもう一度見直すよいきっかけになりました。

 

本屋さんで、ふと目に入って手に取った1冊です。気づいたら、購入していました。この本には、何か、人を惹きつける力があるのかな?

子どものこと、悪いことをしたら「ごめんなさい」人に何かをしてもらったときは「ありがとう」 ちゃんと伝えるようにしてきたつもりですが、大人になってなかなか実践できてないなぁ…と。

もし、「確かにな」と思った方がいましたら、ぜひ読んでみでください。

お子様がいる方にもおすすめです。

お子様と一緒に声に出して読んでみてください。今までと違った、見えなかったものが見えるようになるかもしれません。

そんな、大事にしたい一冊です。

 

学校教育なら 『道徳』

社会人教育なら  『入社前セミナー』

などでも、ぜひ取り扱ってもらいたいです。

特に社会人なら30代の方に、自分を見直すきっかけとして手に取ってもらえたら。

 

横山浩之さんの著書

マンガでわかる よのなかのルール

マンガでわかるよのなかのルール [ 横山浩之(特別支援教育) ]

価格:1,543円 (2016/1/5 23:32時点) 感想(32件)

せっかくなので、この著書の内容に関しての所感を項目別で綴りたいと思います。

全部で65項目。ひとつひとつ、自分が感じたことを 【教育コラム】で綴りますので、お時間あるときに読んでいただけたら幸いです。